【必見】年越しそばを食べて金運アップ!縁起のいい具を徹底調査!

自己紹介
Pocket

おせち、ミカン、お酒、餅……。

年末とお正月に向けて必要な物は様々ですが、忘れてはならないのが蕎麦ですよね!

毎日どこかで食べられている蕎麦ですが、一年の中で最も食べられる日が大晦日なのではない

でしょうか。

そんな年越し蕎麦はおいしいだけでなく、運気も上がるということをご存知ですか?

年越しそばを食べると金運が上がるの?

年越しそば

年越し蕎麦が縁起物として扱われるようになったのは江戸時代からです。

麺類といえばうどんか蕎麦しかない時代。

蕎麦はうどんと比べてすぐに千切れてしまう性質から、『災厄を断ち切る』という意味が定着

していったようです。

これを大晦日に食べることにより、一年間の災厄を切って新しい年を迎えることが出来るとい

うことで年越し蕎麦の習慣が出来たと言われています。

では金運とどう関係があるのかというと、蕎麦自体が江戸時代の『金』と強く結びついていた

からなのです。

江戸時代の金細工師は仕事を終え、そこらに散らばった金粉を集める時に練った蕎麦団子を使

っていました。

うどんと違って蕎麦生地は灰色のため、転がしてくっ付いた金粉がわかりやすかったというの

が使われていた理由です。

その風習から『蕎麦は金を集めるもの』として金運を上げる縁起のいいものとして扱われるよ

うになりました。

縁起のいい具

蕎麦だけでも縁起の良い食べ物なのですが、それに入れる具にもそれぞれ意味があります。

たくさん組み合わせて運気をどんどん上げちゃいましょう!

えび

エビといえば丸く曲がったあのフォルム。

その姿が人間の老人にみえることから、健康長寿の願いが込められています。

また、熱を加えたエビの赤色も邪気を払う縁起の良いものと言われているそうです。

たまご

黄身の鮮やかな黄色が金運をアップさせる色として縁起がいいと言われています。

鳥の卵以外では数の子は子宝の象徴とされているので、どんな卵も年越し蕎麦にはもってこい

です!

にしん

にしんは『二親(両親)』とも読めるため、子宝に恵まれると言われています。

子供を授かりたいと思っているご夫婦にはぜひ食べていただきたい具材です!

油あげ

油揚げといえばお稲荷さんの大好物。

お稲荷さんは商売繁盛の神様として有名なため、新年の仕事運や金運が上がるようにと年越し

蕎麦に入れられることが多いようです。

ネギ

蕎麦に欠かせない薬味としてネギが挙げられます。

「ネギ」と「労う」と語呂合わせして、一年の苦労をねぎらうというなんとも年越し蕎麦に相

応しい意味があります。

「カモがネギを背負ってくる」という諺がありますが、その諺通りいいことが重なってやって

くるという願いを込めて鴨南蛮蕎麦を食べる地域もあるようです。

またカモは夫婦仲が良い鳥として有名なので、夫婦円満の願掛けもされています。

ごぼう

ごぼうは地面にしっかりと根を張るので、物事をしっかりと土地に根付かせ安定させるという

願いが込められているそうです。

おせちの具材としてもごぼうはよく使われていて、たたきごぼうは身を軟らかく煮て叩いて開

くことから開運の縁起物として扱われています。

おわりに

いつも何気なく食べていた蕎麦とその具材にこんな意味が隠されていたとは驚きですよね!

年越し蕎麦にあまり力を入れていなかったという方も、今年はたくさんの具材を入れておいし

く健康に良い年を迎えてみてください!

ツールバーへスキップ