疲労回復に効くビタミンbが多く含まれているおすすめ食べ物は何?

自己紹介
Pocket

疲れてどうしようもない時に、どんなものを食べていますか?

スタミナがつくといわれている食べ物もいろいろとあるようですが、本当に疲労回復に効果があるのか半信半疑かもしれませんよね。

疲労回復に効果がある栄養素とは?それはどんな食べ物に含まれているのかなど、詳しく調べてみました。

疲労回復に効果のある栄養素

疲労回復

摂取することで疲労回復に効果がある、そういうありがたい栄養素は確かにあります。

疲れてスタミナ切れ、このような状態の時、体は摂取した炭水化物や脂肪などの栄養素を効率よくエネルギーに変えることができなくなっています。

ですから疲労回復には、取り入れた栄養を効率よくエネルギーに変える働きをするものが必要で、それこそがビタミンB群です。

ビタミンB群とは、ビタミンB1、B2、B12、B16、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの合計8種類です。

ビタミンB群は、エネルギー代謝のための補酵素の役割をし、不足することで摂取した糖質や脂質の代謝がスムーズに行われず、パワー不足になることも。

ですから、疲れを感じた時はビタミンB群を摂るのがオススメ。

ただ、ビタミンB群は水溶性ビタミンであることから、たくさん摂取しても尿と一緒に排出されてしまいます。

ビタミンB群は一度にまとめて摂取するのではなく、毎日継続して摂るようにしましょう。

また、ビタミンB群の他にもクエン酸、ビタミンC、鉄などを摂取することなども、疲労回復に効果があるといわれています。

疲労回復には食生活見直しが大事?

豚肉 疲労回復

疲れている時は疲労回復に効果的な栄養素を摂ると良い、ということでそれらの栄養素が不足している人は、食生活を見直すべきでしょう。

でも、一般的にいわれている「疲れた時に食べるべきもの」を食べている人も多いのではないでしょうか。

例えば、スタミナが付くといえば一番に名前が上がるうなぎ、焼肉などです。

確かに栄養たっぷりで疲れも吹っ飛びそう・・・ですが、こういったこってりした料理は胃腸に負担をかけ、消化も良いとはいえません。

逆に体に負担をかけることで、疲労回復を遅らせてしまう恐れも。

また、甘いものも疲れた時に良いといわれていますが、これも逆効果なので要注意です。

甘いものを食べると血糖値が急上昇し、それにより一時的に疲れが取れたような気がしますが、その後は急激に血糖値が下がることで、再び疲労感が襲ってきます。

疲れを感じたらまた甘いものに手を出す、これを繰り返すのは悪循環、疲労回復どころか健康にも良くないので、甘いものはほどほどにしておきましょう。

ビタミンbが多く含まれているおすすめ食べ物

ビタミンB群が多く含まれる食べ物には、どのようなものがあるのでしょうか?見ていきましょう。

ビタミンB1

・豚肉

・そば

・玄米ご飯

・豆類

・かつお

・まぐろ

ビタミンB2

・レバー

・うなぎ

・ぶり

・さわら

・モロヘイヤ

・牛乳

・納豆

・アーモンド

ビタミンB6

・レバー

・牛もも肉

・鶏ささ身

・かつお

・まぐろ

・さけ

・さば

ビタミンB12

・かき

・あさり

・さば

・ほたて

・しじみ

・焼きのり

まとめ

疲労回復にはビタミンB群が多く含まれる食べ物がオススメですが、そのような食べ物を摂取するだけでなく、睡眠をしっかりとって体を休めることや、適度な運動も大切です。

ビタミンB群は様々な食品に含まれていますが、同じものばかり食べるのではなく、いろいろな食品をバランスよく食べることで、疲労回復だけでなく疲れにくい健康な体づくりにも役立ちますね。

【こちらもお勧め】

疲労回復に効く飲み物は?お酢の効果と飲みすぎの副作用など注意点

ひどい疲れにはこれ!即効性のある疲労回復におすすめの食べ物9選

ツールバーへスキップ