【ゴーヤーチャンプルーの作り方】子供も食べれる苦くないレシピを紹介します!

自己紹介
Pocket

 沖縄の代表的な野菜「ゴーヤー(にがうり)」! 家庭で栽培している人も多く、沖縄の食卓には欠かせない野菜。でも、あの独特な苦味が嫌いな人も多いですよね。ゴーヤーは栄養満点!是非、苦味を克服して健康的な食生活を手に入れましょう!

ゴーヤーの苦味は取れない?

 ゴーヤー

子供の頃、よく母がゴーヤーチャンプルーを作ってくれた。学校給食メニューにもよく出ていた・・が、全く食べる事が出来なかった(^_^;) なぜならそれは・・・

苦いからーーー!

そうです、ゴーヤーは苦い苦い野菜!苦手な人も多いですよね。その苦味が好き♡、という人もいますが、やはり、苦味が強すぎると食べづらいですよね汗

ゴーヤーの苦味の原因は「わた」、とよく聞きますが、実は「わた」は苦くありません。「緑の部分」が苦いんですよー!

薄く切ったり、塩で揉んだり、茹でたり、電子レンジにかけたりと苦味取りの方法は色々ありますが、我が家では・・・


 2mmに切ったゴーヤーを塩で揉んだ後、昆布茶を入れた少量の水で茹でる!

 ゴーヤーが昆布茶の旨みを吸って苦味が軽減!! この方法で我が家の子供達もゴーヤーチャンプルーを食べてくれるようになりました。昆布茶には、食物繊維やカリウムなど昆布の栄養もたっぷり入っているので、一石二鳥ですよ(^_-)

  

 苦味の少ないゴーヤーチャンプルーの作り方

 佃煮やおひたし、てんぷら、カレー等など、ゴーヤーを使った料理は沢山ありますが、今回は定番のゴーヤーチャンプルーの作り方をご紹介します!

  ◆ 材料(2人分)◆ 

  •  ゴーヤー   1本 
  •  豚肉     150g
  •  島豆腐    1丁
  •  卵      2個
  •  かつお節   少々   

      

 《調味料》          

  •  塩    少々       水     少量  
  •  こしょう 少々       サラダ油  大さじ
  •  片栗粉  小さじ1/2   ★しょうゆ   大さじ1
  •  しょうゆ 小さじ1/2   ★こしょう   少々
  •  お酒   小さじ1/2   ★顆粒だし  小さじ1
  •  昆布茶  小さじ1            

   作り方~


  1. ゴーヤーは縦半分に切り、スプーンでワタと種を取る。
  2.  2mmの厚さに切り、塩をふりかけ5分程おき、水気をきる。
  3.  豆腐は水切りをし食べやすい大きさに角切り。
  4.  豚肉も食べやすい大きさに切り、塩・こしょう・お酒で下味を付け片栗粉をまぶす。
  5.  フライパンにサラダ油を熱し、豆腐を入れ、焼き色がつくよう焼く。
  6.  両面に焼き色がついたら、一旦取り出す。
  7.  フライパンにサラダ油を熱し、豚肉をしっかり焼き、一旦取り出す。
  8.  フライパンにサラダ油を熱し、ゴーヤーを炒める。 
  9.  全体に油がまわったら、少量(ひたひたに浸かる位)の水と昆布茶を入れる。
  10.  水分がまだ残っている内に、取り出していた豆腐と豚肉を入れ一緒に炒める。
  11. ★の調味料( しょうゆ、こしょう、顆粒だし)を入れ、溶きほぐした卵でとじる。
  12.  卵が半熟のうちにお皿に取り出し、最後にかつお節をかける。

 

 ~~~ チェックポイント ~~~

  • ゴーヤーの表面はゴツゴツしているので、汚れが気になる場合は、歯ブラシで洗う!
  • ゴーヤーの厚さは2mmがベスト。食感と苦味のバランスがちょうどいい!
  • かつお節のうまみ成分がゴーヤーの苦味を和らげるので、仕上げにサッとひと振り!

沖縄では、学校給食やお弁当にもよく登場するゴーヤーチャンプルー!苦手なお子さんも多くいますが、我が家の子供達も「苦い!!」となかなか食べてくれませんでした。でも、この調理方法で克服する事ができ、今ではバクバク食べてくれるようになりました。お弁当に入れても完食!「美味しかったよ」と言われると嬉しくなりますね!

 終わりに

ゴーヤー、下処理方法、調理方法によりかなり苦味をとる事が出来ます。が、その分、栄養を壊してしまう事に・・・。是非、その苦味を活かしたゴーヤー料理もお楽しみください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ